売却をお考えの方 相続に悩む方 収益物件の売却

高く・早く売りたい方へ Menu

  • トップ
  • 高く・早く売りたい方へ

不動産売却
基本の形をご紹介

不動産売却の一番基本的な売却方法は「仲介売却」と「直接買取」です。
条件に応じたコツや意識すべきことはありますが、売却方法そのものはこれらに帰結します。こちらでは「なるべく高く売る仲介売却」「なるべく早く売る買取」それぞれの特徴やメリット・デメリット、おすすめするパターンについて解説します。効果的な売却を望む方は、さいたま市のクオリティエステートへご相談ください。

価格にこだわって売却したい

価格にこだわって売却したい

仲介売却の売出し価格は査定額を参考に売主様が決定できます。そのため、希望に合った価格で売却したい方に向いています。

もちろん相場からかけ離れてあまりに高すぎる価格では売れ残りのリスクがありますが、「少し高く売り出して様子を見ながら調整する」など柔軟性の高い戦略も取れるのが仲介売却の魅力です。

複雑な手続きをしたくない

複雑な手続きをしたくない

仲介売却はプロである不動産会社が販売活動や交渉、契約書作成などを行います。また、何かしらトラブルがあってもプロがサポートしてくれますので安心感があります。難しい手続きやトラブル対処を任せたい、という方は仲介売却がおすすめです。

個性的・立地の良い物件

個性的・立地の良い物件

築古だけども立地が良い物件やデザイナーズマンションなど個性的な物件の場合は仲介売却によって付加価値をつけてより高く売りやすい傾向にあります。このような物件をお持ちで売却を急いでおらず、価格にこだわりたいならば仲介売却がおすすめです。

仲介売却とはどんな売却方法?

仲介売却とは不動産会社が売主様と買主様の間に入り、不動産取引を仲介することです。依頼を受けた不動産会社は、売主様に代わって宣伝や販売活動を行い、購入希望者様との交渉や契約書の作成、その他売却に関するさまざまなサポートを行います。
基本的に仲介売却では相場に沿った価格で売れやすく、付加価値の高い物件の場合は売り込み方次第でより高く売却できる可能性があります。売主様の希望を反映させやすく、物件の魅力を最大限に活かして売却を進められる方法といえます。
要するに多少時間がかかるものの、物件本来の価格に応じた金額での売却が可能、という売却方法です。

仲介売却のメリット

仲介売却は価格にこだわって売却できます。不動産買取よりも高く売れるケースがほとんどであり、なるべく高く売りたい方にとっては大きなメリットとなります。

仲介売却のデメリット

仲介売却は不動産を市場に売り出して買い手を探す方法です。そのため、不動産会社が直接買い手となる不動産買取よりも売却・現金化までに時間がかかります。売却後は仲介手数料を支払う必要もあります。

媒介契約は不動産会社と売主様の間で結ぶ契約で、仲介売却時のみ行います。契約には3つの種類があり、それぞれ違った特徴があります。
以下にそれぞれの特徴をまとめます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

契約の種類 特徴
一般媒介契約
複数の不動産会社と契約を結べます。
売主様ご自身で買い手を探し、取引できます。その場合、仲介手数料は不要です。
販売活動の報告やレインズの登録は義務付けられていません。
専任媒介契約
契約できるのは1社のみとなります。
売主様ご自身で買い手を探して取引できます。その場合、仲介手数料は不要です。
契約後7営業日以内にレインズへの登録、14日に1回の報告の義務があります。
専属専任媒介契約
契約できるのは1社のみとなります。
売主様ご自身で買い手を探して取引することはできません。
契約後5営業日以内にレインズへの登録、7日に1回の報告の義務があります。

一般媒介契約は複数社と契約を結べるため販売窓口が広がることがメリットです。その一方で、報告義務やレインズへの登録義務がないため不安感があります。また、不動産会社にとっては成約できないと仲介手数料を得られないため、販売活動に費用をかけにくく、消極的になる場合があります。

専任媒介契約・専属専任媒介契約は1社のみとの契約となるため、不動産会社は仲介手数料を得るために費用をかけて積極的に販売活動を行うのがほとんどです。報告義務・レインズへの登録義務もあるため、売主様にとっても安心できる契約といえます。仲介売却の強みをより活かしたい場合は、信頼できる不動産会社一社に絞って専任媒介契約を結ぶのがおすすめです。

仲介手数料とは仲介を依頼した不動産会社に売買成立後に支払う手数料のことです。売却代金がそのまま手に入るわけではないため、仲介手数料について予め理解しておきましょう。仲介手数料は以下の計算式で上限を算出できます。

売買価格 料率
200万円以下の場合 5%
200万円超400万円以下の場合 4%+2万円
400万円超の場合 3%+6万円

たとえば、2,000万円で売却できた場合は以下の通りになります。

2,000万円×3%+6万円+消費税=約73万円

この計算式で算出される金額はあくまでも上限であり、不動産会社によって半額や無料になるケースもあります。事前に確認しておきましょう。

なるべく早く売りたい

なるべく早く売りたい

現金化までのスピードにこだわるならば不動産買取がおすすめです。不動産会社が買い手となって直接買い取るためすぐに売却・現金化が可能です。住み替えや転勤、急にまとまった資金が必要になったといったケースでは買取は有利な売却方法といえるでしょう。

築古物件や再建築不可物件

築古物件や再建築不可物件

築古や再建築不可物件は仲介売却だと買い手がなかなか見つかりにくいものです。建物の状態や立地にもよりますが、買取ならば売却できる可能性が高いです。

相続物件を処理したい

相続物件を処理したい

両親から不動産を受け継いだものの、使い道も無く維持費ばかりがかかる……手放してすっきりしてしまいたい。そうした場合にも買取は有効です。少ない労力でスピーディーに現金化が可能です。

不動産買取とはどんな売却方法?

不動産買取とは、売主様の物件を不動産会社が買い手となって直接買い取る方法です。不動産会社が提示した査定額=買取金額に売主様が納得されれば、そのまま売買契約の締結となります。仲介売却と異なり販売活動がないため現金化までがスムーズで、仲介では売りにくい物件も売却しやすいのが特徴です。
要するに、相場価格より安くなるものの面倒無く不動産を処理できる売却方法である、という事です。

不動産買取のメリット

仲介売却のように買い手を探す必要がないため、現金化までがとてもスピーディーであることが大きなメリットです。不動産会社は販売活動を行わないため仲介手数料もかかりませんし、ご近所に売却の事実を知られるリスクもほぼありません。
また、不動産買取では契約不適合責任が免責されます。仲介売却のように売却後のトラブルを心配する必要はありません。

不動産買取のデメリット

不動産会社は買取した物件にリフォーム等を行った上で販売します。リフォーム代や利益を得る分が差し引かれるため、買取価格はどうしても仲介売却より低くなる傾向にあります。また、リフォームを行っても再販が難しい物件については買取を断られるケースもあります。

ご相談はこちらから!

CONTACT

さいたま市で

クオリティエステート
にご相談ください!

phone

電話でご相談!

10:00~18:00(定休日:水)

mail

メールでご相談!

お問い合わせ・無料査定依頼

会社・店舗情報

COMPANY
  • 屋号

    株式会社クオリティエステート

  • 代表者

    石岡 伸悟

  • TEL

    0120-00-6060

  • 郵便番号

    〒330-0063

  • 所在地

    〒330-0063 さいたま市浦和区高砂2丁目2-21 平井ビル4階

  • アクセス

    JR京浜東北線 浦和駅西口から徒歩4分

  • 免許番号

    埼玉県知事(1)第23662号

  • 業務内容

    不動産の売買仲介/相続コンサルティング・サポート
    不動産投資・運用に関するコンサルティング

会社・店舗情報